誰でも来たくなる家を

Good House

広くなくても空間の使い方で大きく変わる

部屋が狭いと、魅力的な部屋にならないと考えますよね。 たしかに狭苦しくて息が詰まりそうな部屋だと、行きたいとは思いません。 でも部屋が狭くても、壁などの視界を遮る物を取り払ってしまうと、広く見せることはできます。 だけど、賃貸の不動産ならそんなことはできないし、自己所有の不動産でも大賀か香里奈工事が必要なので、すぐにはできませんよね。 大がかりな工事ができない人は、空間の使い方に工夫をしてみましょう。 使い方をちょっと変えるだけで、狭い空間は一変して広く見るようになります。 広く見せるための空間の使い方で大切なのは、家具の高さです。 目線よりも高さがある家具を置いていると、それだけで圧迫感を感じてしまいます。 広々と見せたいなら、背の低い家具を揃えるようにしましょう。 立ったときの視野に入らない高さで統一していると、壁が全て見えて広々と見えます。 狭い部屋の不動産を選んだときには、家具の選び方に気を付けてください。