誰でも来たくなる家を

Good House

1人暮らしの家でもできるテクニックも?

友達や知人を読んで楽しめるような家、大きな一軒家などの不動産でないと難しいと思っていませんか。実は1人暮らしの家でもできるテクニックがあるのです。そこでそんな1人暮らしの不動産でもできるテクニックをご紹介します。 まずはインテリアをそろえることです。インテリアと言っても有名デザイナーのものでなくていいのです。大事なのは統一感です。北欧風がいいならそういったインテリアに、カントリー調がいいならそういったインタリアにそれぞれ揃えればいいのです。インテリアを揃えたいけれどそんな余裕がないというなら布などを使うといいでしょう。テーブルにテーブルクロスのようにかけるのはもちろん、椅子などに置いてもおしゃれですし、額縁に入れればおしゃれなインテリアに早変わりです。布であればインテリアよりもだいぶ安い値段で入手できますので、この方法はぜひおすすめです。 また色も統一感を持たせるのが大事です。黒で統一するとシックな大人っぽいイメージに、白で統一すると若々しい清潔感あふれるイメージになります。特に色に関してですが、カーテンがポイントです。忘れがちなカーテンですが、カーテンにもこだわって統一感を持たせましょう。 それと1人暮らしの不動産となると、部屋がそれほど広くないかもしれません。そんな狭い部屋でもできるだけ広く見せるには、まずあまり高さのあるインテリアを置かないことです。これによって部屋が広く感じられます。また、床が見える部分が広い方が部屋は広く見えます。カーペットを部屋いっぱいに敷き詰めるよりは部分使いをする方が、部屋を広く見せるためには有効です。 裏技になりますが外の景色がきれいな場合、わざと外の景色が映りこむような部分に鏡を置くという方法もあります。外の景色が部屋の鏡に映りこむことで一枚の絵のようになりますし、部屋を広く感じさせることができます。 このように1人暮らしの不動産でも、ちょっとしたポイントを抑えることで誰でも来たくなる家にできるのです。

大きな家でなくても居心地勝負

言うまでもありませんが、不動産というのは高額商品です。家や土地を買うなんて、普通の人には、一生に何度も経験するものではありません。 だからこそ、家を買うときには神経質になってくるのです。ところで、いっときの高度経済成長時代とは異なり、いまは、規模の大きさが重要視される時代ではありません。住宅もそのように変わってきているのです。住居がたとえ小さくても・・・・