誰でも来たくなる家を

Good House

大きな家でなくても居心地勝負

言うまでもありませんが、不動産というのは高額商品です。 家や土地を買うなんて、普通の人には、一生に何度も経験するものではありません。 だからこそ、家を買うときには神経質になってくるのです。 ところで、いっときの高度経済成長時代とは異なり、いまは、規模の大きさが重要視される時代ではありません。 住宅もそのように変わってきているのです。 住居がたとえ小さくても、そこに居住者の思いが反映されていれば、自然と居心地はよくなります。 たとえば、玄関前の小さな庭には、雑草が全くなく、手入れがきれいにされているのも、印象がいいものです。 新居を建てるときに、不動産会社の人からすすめられて、ささやかな庭を造ったのがよかったようです。 住居も部屋も、決して広くはありませんが、庭のある生活を楽しめるので、心が和んでくるのです。 決して大きな家が快適さをもたらすのではなく、そこでの居心地の良さが大切なのだと、多くの人が語っています。